心拍数を管理して脂肪燃焼効率の高い有酸素運動をしよう!

有酸素運動などをする時、自分の心拍数をある一定のゾーンをキープすることで脂肪燃焼の効果を高めることができます。

心拍数を知って運動を行うことは脂肪燃焼の効率を高めるのに重要です。心拍数が高い運動をしてしまうと筋肉からエネルギーが発生するので脂肪燃焼という意味では非効率といわれています。

有酸素運動で効果的に脂肪燃焼を目指すなら心拍数の管理は必要だと思います。

脂肪燃焼において心拍数が大事な理由

有酸素運動は脂肪を燃焼させて痩せることを目指している人には有効的な運動方法として知られています。だから、有酸素運動をして痩せようと思う人がとても多いのですが、有酸素運動をしていてもなかなか痩せることが出来ない人が多いのも事実です。

有酸素運動をして脂肪を燃やして痩せようと思った時に大事になるのが心拍数になります。この心拍数がどのくらいなのかによって脂肪燃焼の効率が違ってきます。

心拍数が高くても低くても脂肪の燃焼する効率が下がってしまい、思ったような効果が期待できません。

脂肪燃焼においてもっとも良いとさせている心拍数が、最大心拍数の40%から65%程度と言われています。この範囲内で有酸素運動を続けるのが脂肪燃焼効率を高めてくれます。

心拍数を常に把握できる機械があれば、一定の範囲内で有酸素運動を行うのはそれほど難しくありません。ダイエットだけでなく健康を管理する面からも心拍数を把握して運動するのはとても大事なことです。

体に負荷をかけすぎないためにも心拍数を知ることも大事ですが、健康のためにも心拍数を測ることをおすすめします。

あなたの心拍数は有酸素運動型?それとも無酸素運動型?

有酸素運動をする上で大事になってくるのが心拍数です。

あなたは本当に有酸素運動をしていますか?

有酸素運動と言われているウォーキングや水泳などのスポーツをすれば有酸素運動をしていると思っていませんか?実は違っていて、どのような運動をしているかではなく心拍数が密接に関係しています。

心拍数が高くなると有酸素運動をしているつもりでも、実は無酸素運動状態になっていることがあるのです。

有酸素運動は最大心拍数の85%未満となっています。これ以上の心拍数になると無酸素運動状態になるのです。

有酸素運動の代表であるウォーキングをしている場合でも、かなりの負担をかけて心拍数が85%以上になると無酸素運動になります。

筋トレをしている場合などはこれで良いのですが、脂肪を燃焼させて痩せようとしているのであれば話が違ってきます。

無酸素運動になると筋肉にあるエネルギーを使うため、脂肪が燃焼しにくくなってしまいます。

心拍数が85%未満だとしても65%以上であれば、無酸素運動に近い状態になってしまい、脂肪だけでなく筋肉のエネルギーを使用することになるので脂肪の燃焼効率は悪くなってしまいます。

有酸素運動でもっとも脂肪燃焼効果の高い心拍数は40%から65%になります。

脂肪の燃焼を重点においたダイエットを目的としている有酸素運動の場合、心拍数は65%未満の範囲で運動することです。

簡単!心拍数の計算式

まずは自分の最大心拍数を把握しましょう。

全ての人が自分と最大心拍数が同じではなく年齢によって最大心拍数は違ってきます。では実際どのようにすれば自分の最大心拍数がわかるのでしょうか。

最大心拍数を実際に測るのは難しいので、最大心拍数を計算して把握します。最大心拍数の計算は以下の計算式で求めます。

最大心拍数=220-年齢

220に年齢をマイナスすると最大心拍数になります。

例えばあなたの年齢が30歳なら220-30=190です。この最大心拍数の190から0.6を掛けると脂肪燃焼にベストな心拍数がわかります。

脂肪燃焼に最適な心拍数=最大心拍数×0.6(60%)

この計算した心拍数を目安にして有酸素運動を行うようにすれば脂肪燃焼の効果が上がったダイエットが可能となります。最適な心拍数を知った上で有酸素運動をするのとしないのでは効果が大きくかわってきます。

脂肪燃焼に最適な心拍数のゾーン

ゾーンとは心拍数の範囲のことです。脂肪燃焼を目的とした有酸素運動を行う場合、脂肪燃焼の効果が高い心拍数のゾーンに合わせることがとても大事です。

このもっとも脂肪燃焼効率の高いと言われているゾーンは、最大心拍数の40%から65%程度だと言われています。

心拍数が65%以上になってしまうと、有酸素運動と言われる運動をしていたとしても無酸素運動に近い状態になります。そうなると脂肪を燃焼したエネルギーを使用せずに筋肉のエネルギーを使用する比重が高くなってしまします。

この状態だと脂肪の燃焼がしにくくなるので、余分な脂肪を落としたダイエット効果には不向きです。逆にあまりにも負荷が低すぎて心拍数が40%未満になると、運動をしているよりも普段の生活に近い状態になります。

この場合、脂肪や筋肉ではなく血液に含まれているエネルギーで十分まかなえてしまい、当然脂肪燃焼の効果が期待できません。

やはり脂肪燃焼に最適な心拍数のゾーンは40%から65%になるのです。

まとめ-心拍数を意識するだけで成果がかわります!

有酸素運動をしてすっきり痩せようと思った場合、心拍数を管理していなくても痩せてはくれます。

ただ思ったよりも成果が出ていない場合は、有酸素運動になっていない可能性があります。心拍数を数値化することで確実に有酸素運動を行うことができます。

有酸素運動は長い時間をかけて軽い負荷をかける運動です。一定の負荷の状態で運動をし続けるのは非常に難しいと思います。そこで心拍数を管理することで同じ負荷の状態で運動しやすくなります。

また、痩せやすい体作りの一環として、無酸素運動を取り入れたい時は普段の有酸素運動に少し負荷をかけてあげて、心拍数が65%以上になるようにすればいいと思います。

心拍数を管理して運動を行うだけでダイエットの成果は確実に変わることと思います。ぜひ心拍数を意識してダイエット運動に取り組むことをおすすめします。