赤ちゃんはどうして泣くの?夜泣きの原因と対策

赤ちゃんの夜泣き

今までは機嫌良く寝ていたのにある日突然、急に夜泣きに悩み、苦しみます。

夜泣きが1~3日程度なら頑張れます。

しかし、夜泣きは何日も続くことが多く、毎晩ぐずり、夜泣きされると大変ですよね。

赤ちゃんだけでなく、ママやパパも安眠できません。

やっと落ち着いて寝かしつけたと思ったら、朝方なんて日が毎日続くと睡眠不足と疲れとストレスでママは倒れてしまいます。

赤ちゃんの夜泣きとはどうして起こるのでしょうか?

夜泣きの原因と対策を考えたいと思います。

夜泣きとは

夜に泣くことを夜泣きと思っている人がいますがそうではありません。

寝ているときに突然泣き出しても、背中をトントンしたり、抱っこするとすぐに落ち着き、再び寝はじめるのは夜泣きとは違います。

また、おむつが汚れていたり、おっぱいを欲しがってるなど泣いてる原因がわかるのも夜泣きとは言いません。

赤ちゃんがどうして泣いているのか?

その理由や原因がわからないのが夜泣きです。

夜泣きの原因

赤ちゃんがどうして夜泣きするのか、確かな原因はよくわかっていません。

夜泣きのする原因として

  • 昼の記憶が夜まで残っているから
  • 体内時計が24時間に合わせられず、夜と昼が混同するから

という説もあります。

いつから始まるの?

夜泣きの早い子供だと生後3ヶ月ごろから始まります。

一般的には生後6ヶ月ごろから1歳までの子供が多いです。

最も多い時期は生後9ヶ月ごろと言われ、この時期から夜泣きが目立ち始めます。

夜泣きの始まる時期は個人差があり、いつから始まるというのもなく、夜泣きがないという赤ちゃんもいます。

いつまで続くの?

どのくらい続くかも個人差があり、いつまで続くかわからないのもママを苦しめる原因かもしれません。

ほとんどの赤ちゃんは、1歳を目安に自然におさまることが多いようです。

ただし、3歳ぐらいまで夜泣きがあったというママの声もあるので、「いつまで続くのか?」と考えないことです。

「いつまで続くのか?」と思いを巡らせるとストレスが溜まる原因ですので、「いつか終わるもの!」とストレスが溜まらないように考えるのがコツです。

ある日から徐々に夜泣きの回数が減っていき、「そういえば最近うちの子は夜泣きしなくなったな」って感じで夜泣きは終わります。

夜泣きが始まったら

赤ちゃんの夜泣きが始まるとママひとりでは体力・精神力が持ちません。

決してひとりで頑張りすぎないようにすることが大事です。

まずはパパや両親といった身近な人の協力を得られるような環境を作っておきたいですよね。

「一生夜泣きが続くわけがない!いずれ大きくなって夜泣きはなくなる!」と一時的なものだと思い、なんとか乗り切って欲しいと思います。

ママの育て方は無関係

夜泣きの原因をママのせいにする人がいます。

実母や義母から「夜泣きが激しいのはあなたの育て方が悪い!」って言われたりしてないでしょうか?

協力的でないパパからは「早く泣き止まかせろ!」って責められたりしてないでしょうか?

夜泣きを自分のせいにしたり、思うように泣き止んでくれないからと気落ちしないでください。

規則正しく、早寝早起き、日中は思いっきり遊ばせて、時間を決めて昼寝をちゃんとしていても夜泣きをする子供はします。

ストレスをためないように

赤ちゃんの夜泣きが毎日毎晩続いていると大変です。

その上、朝早くからパパのお弁当作りに部屋の掃除、洗濯、洗い物など家事を一生懸命に頑張りすぎていませんか?

夜泣きが続いている間は、家事を少しだけ手抜きしてもいいんじゃないでしょうか?

毎日寝不足で夜泣きに悩んでいるとストレスがたまります。

さらに家事まで頑張っているとママは倒れてしまいます。

倒れないためにも赤ちゃんがお昼寝しているときはママも一緒にお昼寝をして、こまめに休息をとるようにしてください。

ただし、家事の手抜き宣言は忘れずにパパにしておきましょう。

パパの協力は絶対必要

さきほどストレスをためないようにするために、こまめに休息をとるようにと勧めました。

そうは言ってもなかなかタイミングが難しく、休めないことが多いと思います。

パパが休みのときは、少しでもいいので赤ちゃんを見てもらい、身体と心を休めるように協力してもらいましょう。

眠くなければ、外出するなどの気分転換も時には必要です。

育児は夫婦二人協力して乗り切ることが大切です。

夜泣き対策

ママと赤ちゃん

夜泣きは、泣き方や激しさ、泣いてる時間、期間など赤ちゃんによって様々です。

夜泣きが始まったら、まずは、おむつを替えたり、お腹が空いていないか生理的な欲求がないかチェックしましょう。

また、部屋の温度や湿度などもチェックし、不快な理由がないか確認します。

赤ちゃんが泣いている原因がわからないときは夜泣きの可能性が高く、次の夜泣き対策を試してください。

イライラしないように努めましょう!

赤ちゃんがぐずり出すと、「今日もまたか・・」という気持ちになります。

そこをなんとか気持ちを切り替えて、「今夜はどんな方法で寝かしつけちゃおうかな♪」とゲーム感覚で楽しむことです。

赤ちゃんの泣き声にイライラしてしまうとママの不安な気持ちが伝わり、ますます夜泣きがひどくなりがちです。

大変でしょうけど、大きな心で赤ちゃんを包み込んであげて安心を与えることが大事だと思います。

抱っこしてあげる

寝ている最中に急に泣き出したら、胸のあたりをトントンしてあげてましょう。

添い寝ができるのであれば、赤ちゃんにくっついて包み込むようにするのがポイントです。

それでも激しく泣いて、泣き止む気配がなければ、赤ちゃんを抱っこしてあげてください。

夜泣きに限らず、赤ちゃんが泣き止む方法として、抱っこがベターです。

ママのぬくもりを感じて安心しやすいです。

一人で抱っこし続けるのも大変なときは、パパに協力をお願いしましょう。

音や音楽を聞かせる

興味のある音がすると泣き止んだり、じっと音の鳴るほうをじーっと見つめ、気づいたら落ち着てることがあります。

赤ちゃんが良く反応する音に

  • ビニール袋のガサガサ音
  • 紙おむつのカサカサ音
  • ドライヤーの音
  • 水の流れる音

があります。

音だけでなく、ママの子守唄を聞かせてあげるのも良いですね。

子守唄であれば抱っこしながらできます。

赤ちゃんの泣き止む効果のある音楽cdがあると便利です。

「タケモトピアノ」のcmソングは赤ちゃんの泣き止み効果のある曲として有名で、録音して聞かせたり、youtubeで聞かせたりする人もいます。

落ち着くアイテムを持たせる

赤ちゃんは自分のお気に入りのアイテムやグッズがあります。

お気に入りのガーゼや衣類のタブを触ると落ち着きやすくなります。

日頃から赤ちゃんの好きなものを見つけておいて枕元に用意しておくと便利ですね。

寝かしつけるのをあきらめる

抱っこしたり、おっぱいを口にくわえさせたり、ありとあらゆる対策をしたけど夜泣きが収まらないときがあります。

そういう日は思い切って部屋の明かりをつけて、赤ちゃんを起こしましょう。

おもちゃやぬいぐるみを与えて、しばらく一緒に遊んで落ち着かせてみることです。

落ち着かせてから再度寝かしつける方が結果的に早かったことがあります。

ただし、完全に目が覚めて、まったく寝なくなることもあるので最終手段の対策と言えます。

生活リズムを整える

長期的な対策として生活リズムを整えてあげることです。

具体的には早寝早起きと昼寝の時間です。

日中、特に午前中は外気浴をしたり、活動的に過ごすと夜になるとメラトニンが促進され、寝つきやすくなります。

夜、寝かすときは部屋の明かりを消して、「おやすみなさい」と声掛けをおこない、寝る習慣を身につけさせるようにします。

まとめ

夜泣きはほとんどの赤ちゃんとママが経験します。

しかし、夜泣きの原因は現代の医療をもってしても原因がわかっていません。

夜泣き対策をいくつか提案しましたが、これをすれば必ず泣き止むというものはなく、試行錯誤することです。

赤ちゃんを落ち着かせる方法を見つけたと思っても、翌日にはまったく効かないこともしょっちゅうです。

夜泣きは赤ちゃんの成長の一つだと喜び、つらくて大変な時期ですが、パパや家族の協力のもと乗り越えてほしいと思います。