有酸素運動だけで大丈夫?プラス筋トレでダイエット効果がアップ!

脂肪を燃焼しにくといわれている無酸素運動である筋トレを有酸素運動にプラスするとどうしてダイエット効果があがるのでしょうか。

筋トレをプラスする理由とその効果、無酸素運動を行うときの注意点などをご紹介します。

有酸素運動だけでは思ったほどダイエット効果が出ない?

有酸素運動は多くの酸素を体内に取り込んで運動した分だけ体内の糖と蓄積された脂肪を燃焼してエネルギーの消費に使われます。そのため、有酸素運動をすることで溜まった脂肪を燃やすことによるダイエット効果を狙っています。脂肪を燃焼しやすいということがダイエットにおすすめされるのです。

ここで注意したいのが摂取したエネルギーを有酸素運動だけで消費するには、けっこうな時間と労力がかかるという点です。ダイエットの効果がでるまで時間がかかり、すぐには効果が見込めないのです。

有酸素運動だけでは基礎代謝量が上がらないため、運動をしていないあいだは余分なエネルギーを消費されることがありません。つまり基礎代謝力をアップさせる無酸素運動を取り入れることが必要になってくるのです。

体を引き締め基礎代謝力も上がる無酸素運動をプラスすることで、有酸素運動だけと比べるとより高いダイエット効果が期待できます。

無酸素運動をプラスすることで高まるダイエット効果とは

筋肉は運動をしていないときでも多くのエネルギーを実は消費しています。筋トレを行い筋肉量を増やすことで基礎代謝力が上がり、睡眠時や普段の生活で特に運動していない間でもエネルギーを消費できる、つまり痩せやすい体をつくることがよりダイエット効果を高めることになります。

また、筋トレには体重はさほど変わらなくても、すっきりとスマートに見せてくれる効果もあります。

痩せやすい体をつくるためにも無酸素運動である筋トレを普段の有酸素運動にプラスすることです。

有酸素運動に筋トレを組み合わせる順番としておすすめなのが、筋トレをしてから有酸素運動を行うことです。まず筋トレを行うことで体の中では成長ホルモンが分泌されます。成長ホルモンが分泌されるによって脂肪が分解され遊離脂肪酸へと変わることで、より脂肪が燃焼されやすくなり脂肪の燃焼効率が上がるのです。

自分の体力に合わせて筋トレをプラスしよう!

痩せやすい作りをつくりたいと思い、有酸素運動だけでなく筋トレを加えてダイエットしようといきなり始めるかもしれません。

ですが今まで運動習慣がなかったのに、いきなり有酸素運動にプラスして筋トレを行ってしまうと体に負担がかかり疲れてしまいます。また精神的にもストレスを感じてしまい、三日坊主になってしまう恐れがあります。

今まで運動習慣がなかった人や体力に自信がない場合、まずは有酸素運動だけでもいいので運動することを体に慣らしてから、少しずつでいいので筋トレをプラスしていくようにしましょう。

ダイエットは継続して運動することがとても大事です。運動は一般的に3日以上しないと効果がなくなってしまうと言われているので、いきなり筋トレをプラスするのではなく週1日程度でいいので定期的に行うことを第一目標にしましょう。

まとめ-痩せやすい体を目指そう!-

無酸素運動は体力のない人にはどうしても敬遠されがちです。ですが脂肪燃焼させるだけの有酸素運動ではなかなかダイエット効果が上がらないというのも理解していただけたかと思います。

ダイエット効果を上げるためにも痩せやすい体を作る筋トレが必要です。無酸素運動を行うことで基礎代謝力を上げて、運動をしていない間でもエネルギーを消費させることでダイエットへの成功がより近づきます。

有酸素運動と無酸素運動の特性を理解して、少しでもいいので無酸素運動を取り入れ筋トレを定期的に行うことを意識してみてください。